生活・健康

「小さな成功を重ねる」習慣を確実に身につける方法

これまでの話のおさらい

ジアジアンさんの本を読み100日拒絶チャレンジを知る

100日あれば自分の習慣をカスタマイズすることができる!つまり人生をカスタマイズできる!と悟った私。

でも良い習慣を手に入れるぞと気合入れても、全然続かないな…について考えてみた。

そして今回は誰もが欲しい習慣が獲得できる方法をご紹介します!

習慣化に必要な考え「失敗するのが難しい目標」

脳を騙すこととは、普段の生活と変わらないくらいの変化を加えることです。

例えば、あなたがトレーニングを習慣化したいとします。
大抵の人が起こす行動としては、決意したその日に1〜2時間しっかり頑張ります

この行動はあまりにも日常の生活とかけ離れた行動のため、次の日の疲労感や筋肉痛などの状態を判断して脳は日常の生活に戻るように司令を出します。

この脳からの司令が「今日は忙しいから…」「めんどくさいな」「また明日やろう」やらない理由を探します。

これを防ぐためにも
脳を騙す普段の生活と変わらない変化≒失敗するのが難しい目標を設定する必要があります。

「失敗するのが難しい目標」とは以下のようなものです。

毎日、

  • トレーニングウェアを見る(見るだけ、着ない)
  • ランニングシューズを履いてみる(でも歩かない、走らない)
  • スクワットをお風呂に入る前に5回だけやってみる(5回以下、以上は絶対やらない)

この挙げたもので1つだけやります。
「え?こんなのでいいの?なんかやってる感ないよね」って思われたのではないでしょうか。
この「やってる感がない」というのが脳を騙せていることになります。

この行動を毎日1週間続けてみてください。
そのときにカッコに記載している点は必ず守るようにしてください。

するとどうでしょうか、

トレーニングウェアを見ている人は着たくなるはずで
ランニングシューズを履いた人はどこか歩きたくなるはずです
スクワットした人はもう少し回数したいなと物足りなさを感じているはずです

失敗できないくらいの小さな目標で自信がつく

こういった目標の設定は
日常生活に変化を感じさせい些細なものですが自分にとっては確実に毎日目標を達成しているという成功体験が積み重なっていることになります。

この小さな成功体験の積み重なりが、過去の自分から成長している実感となり、自信になります。

このように、ほんの少しずつ行動を上げていくことで
失敗できない、確実な達成感を積み重ねていき自信につなげていきます。

きっと100日後くらいにはトレーニングできる習慣が身についているはずです。

結論

  • 習慣化に失敗するのはいきなり頑張りすぎるから
  • 失敗するのが難しい、小さな目標設定をする
  • 目標の難易度を、脳を騙すことを意識しながら上げていく

とは言っても私達はヒトです。

残業が多すぎて帰宅後すぐに寝てしまった…
飲みすぎて昨日の記憶がない…
旅行に行って普段と違う環境になってしまった…

などのいろいろな理由で積み重ねてきたものが一気に崩れて
「あーがんばったのにできなかった、もうやめよ」となりますよね。

次回は、こんなときの対処方法についてお話をします。

それではまた

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。