仕事・人間関係

なぜか人から好かれる人がやっている事

なぜか人から好かれる人がやっている事

このお話のポイント

  • 上司や同僚、部下から好意を持たれる人は「サービス精神」がある人
  • 「サービス精神」があれば相手を喜ばせ、楽しませ、嬉しい気持ちにさせることができる

マイノリティゆき

不思議とみんなから好意を持たれている人っていますよね!

場の雰囲気を良くする「サービス精神」

いつも楽しそうで、同僚や部下からは好かれ、上司には可愛がられる人がいます。

この人には「サービス精神」がある人です。

サービス精神を持つと、相手を喜ばせ、楽しませ、嬉しい気持ちにさせることができ、場の雰囲気を良くします。

サービス精神を付けると、どんな相手でも打ち解けることができるため、営業や取引先に気に入られやすくなります。

マイノリティゆき

お客さんともすぐに仲良くなる人って羨ましいし、楽しそうです!

「サービス精神」を養う3つの会話術

①会話の反応はオーバーリアクション

同じ話をしていても、気持ちよく話をしてしまう「聞き上手な人」と、そうでない人がいます。

聞き上手な人の共通点は、聞いた話へオーバーリアクションであることが多いです。

オーバーリアクションは、相手へ快感をプレゼントすることになります。

会話中のオーバーリアクション

  1. 「わぁ!」「すごい!」「えー?」といった感嘆語を会話中に増やす
  2. 「さすがですね!」「すごいです!」「本当ですか?」といったリアクションフレーズを使用する

オーバーリアクションを活用することで「自分の話に関心を持っている」と思ってもらえ、自分に対して好意を持ってもらうことができます。

マイノリティゆき

オーバーリアクションって自分で思っているよりも相手を不快にさせませんよね!

②表情に一工夫

誰からも好意を持たれる魅力的な人は、不思議と話す前から人柄が良く感じます。

これは見た目の印象、特に「表情」が決めてとなります。

表情は相手を魅了できる強力な武器ですが、表情の大切さに気づいている日本人は少ないのが現状です。

以下のポイントを抑えるだけで、好意をもたれる表情に変わります。

表情を変える3ポイント

  1. :目尻を下げることを意識します
  2. :話をするときに眉を上下に動かす
  3. 口角:常時口角をあげ、笑顔のときは前歯が6-8本見えるように意識をする

3つのポイントはいずれも相手に明るく楽しい印象を与えます。笑顔はビジネスの現場に置いて最強のツールになります。

表情に気を遣うことで、第一印象から有利な状況を作り出せ、その後の交渉や打ち合わせがスムーズに進めることができます。

マイノリティゆき

笑顔が素敵な方には、無条件で良い印象を持ってしまいますね!

③うなずきを上手に使う

「うなずき」を上手に使えれば、話すのが苦手でも、相手が「もっと話したくなる」聞き上手になれます。

また、「うなずき」は会話の印象を左右する重要なツールでもあります。

そのため、話し相手のテンポやリズムに合わせたうなずきを心がけましょう。

うなずきのポイント

ゆっくりしたテンポで話す人
相手の言葉をじっくり待ち、「そうなんですねー…」「うーーん」「なるほどー…」とやや伸ばす感じのあいずちを打ち、会話のテンポをあわせる。

早いテンポで話す人
間髪入れずに「なるほど」「確かに」「そうですね」と軽快に短いあいずちを相手のリズムに合わせて多めに入れる。

話してにとって気持ちのよいあいずちは、「息が合う」と感じてもらいやすくなり、自分の印象を相手に強く残すことができます。

マイノリティゆき

ここに相手の話を盛り上げる質問をいれると、話はもう止まりませんね!

終わりに

「なぜか人から好かれる人がやっている事」についてお話しました。相手を喜ばせ、楽しませ、嬉しい気持ちにさせることができ、場の雰囲気を良くしたい方の参考になれば幸いです。

マイノリティゆき

好かれる方が嫌われるより圧倒的に得ですよね!私も、表情心がけていきたいです!

またこちらの内容は以下の本を参考にしています。
興味がありましたら手にとってみてはいかがでしょうか?

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。
RELATED POST