恋愛・異性

なぜ男は『この女は俺に気がある』と勘違いするのか

なぜ男は『この女は俺に気がある』と勘違いするのか

このお話のポイント

  • 男が「肯定的な誤解」をするのは、繁殖行為の確率を上げるため
  • 女が「否定的な誤解」をするのは、男から身を守るため。

マイノリティゆき

小中学生のとき、ムダに女の子の前で頑張る男子いましたよね(笑)

男と女の勘違い

気になる異性で相手の好意が不明の場合、男と女で相手が自分に気があるかどうか判断する傾向に違いがでます。

男の場合、気になる異性が「自分に気がある(肯定的な誤解)」と判断することが多くあります。

一方、女の場合、気になる異性は「自分に気がない(否定的な誤解)」と判断することが多いです。

このそれぞれの判断を整理すると、以下となります。

  • 肯定的な誤解:相手が自分のことを好きと勘違いする
  • 否定的な誤解:相手が自分に関心がないと勘違いする

この性別によって変わる判断の違いについて進化心理学の観点からお話します。

マイノリティゆき

確かに、男って勘違いした行動多いですよね。ええ、私もですよ…

男の勘違い

男は、相手が自分に気があると思うことが多く、これが「肯定的な誤解」を招きます。

これを進化心理学の観点から分析すると、男が種を残す上で大切な判断であることがわかります。

それぞれの勘違いによって得られる結果は以下の通りです。

相手が自分に気があると勘違いする「肯定的な誤解」をした場合

①相手が自分に好意を持っている:繁殖行動を行える可能性が高まる

②相手が自分に好意を持っていない:相手にその気がない場合、攻撃されるか拒絶される(繁殖行為が行えない)

相手が自分に気がないと勘違いする「否定的な誤解」をした場合

③相手が自分に好意を持っている:アプローチしないため、繁殖行為が行えない

④相手が自分に好意を持っていない:何もない(繁殖行為が行えない)

つまり「否定的な誤解」をした場合、相手の好意に関係なく種を残すことができません。

その一方「肯定的な誤解」をした場合、成功すれば種を残すことができます。

男は種を残す確率を上げるため、繁殖行為が行える可能性のある「肯定的な誤解」を多くします。

マイノリティゆき

ナンパする人に男が多いのはこの考えが関係してそうですね!

女の勘違い

女は男と逆で、相手が自分に気がないと思う「否定敵な誤解」をよくします。

これは、男から身を守るために大切な判断です。

もし、男に気がないのにも関わらず、気があると勘違いした「肯定的な誤解」をした場合、繁殖行為後に子供ができても相手から捨てられるリスクが発生します。

これは「否定的な誤解」が生む、恋愛のチャンスを失うよりも大きなリスクとなります。

そのため、女はリスクを抑えるため、男からの感情を見極め、慎重に判断をするため「否定的な誤解」を多くします。

マイノリティゆき

相手を選ばない男から身を守るための判断ですね

終わりに

「なぜ男は『この女は俺に気がある』と勘違いするのか」についてお話しました。男と女の考え方を知りたい方の参考になれば幸いです。

マイノリティゆき

男と女、同じ人間なのに考え方が全然違うのは面白いですね!

またこちらの内容は以下の本を参考にしています。
興味がありましたら手にとってみてはいかがでしょうか?

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。
RELATED POST