仕事・人間関係

冷静で信頼できる人がやってる仕事術

冷静で信頼できる人がやってる仕事術

このお話のポイント

  • いつも冷静で信頼のおける人は「論理力」を持っている
  • 「論理力」はどんなときも公平で、感情的にならずに物事を判断・対応できる力

マイノリティゆき

いつも感情的に話をしたり、行動したりする人におすすめですね!

信頼を集める「論理力」

いつも状況を冷静に判断し、客観的な意見を言う人がいます。

この人は「論理力」が備わっています。

論理力とは、どんなときも公平で、感情的にならずに物事を判断・対応できる力を指します。

論理力を手に入れると、計画通りに行動でき、交渉の場で活躍でき、安心して仕事を任せれる人に変わります。

マイノリティゆき

論理的に仕事をする人の仕事は、常にクオリティが安定しますよね!

「論理力」を身につける3つのポイント

①結論から話す

結論から話すことは、仕事ができる人にとってもはや当たり前のものです。

ですが、「論理力」においても欠かすことができないポイントのため挙げます。

結論から話すことで、話の内容が理解されやすくなり、その後の話がスムーズになります。

例えば、A社のプロテインを友人に紹介するときに以下の根拠と結論があるとします。

根拠:「今飲んでいるプロテインがあって、これすごく美味しんだよね。水にも溶けやすくて気に入ってる。」

結論:「A社のプロテイン飲んでみない?」

このとき、「根拠→結論」の順に話をすると、プロテインをおすすめされると思って話を聞いていないので、再度根拠を聞き直すことになるかもしれません

しかし、「結論→根拠」の順に話をすると、予めプロテインのプレゼンが始まると聞く準備ができるため、短時間で話の理解が深まります

結論から話をすることを徹底し、自分の話に相手の関心と注意力を集中させるようにしましょう。

マイノリティゆき

トラブルが起きた報告も、解決できているのか、そうでないかを先に話すほうが聞き手にとって親切ですよね!

②客観的な助言をする

仕事をしていると、誰かに注意をする場面があります。

そのときに「何度言ったらわかるんですか?」「なんで言うことが聞けないんですか?」といった感情的なダメ出しをする方がいます。

しかし、感情的なダメ出しは、相手から反感を持たれ逆効果になります。

そこで必要なのが「客観的な助言」です。ミスに対して以下の流れに沿って話をしてみましょう。

「客観的な助言」の手順

  1. ミスの事実・経緯の確認:ミスに至るまでの経緯や背景を振り返る
  2. 原因の分析:①で確認をした経緯に対して、なぜそのミスが起こったのか分析をする
  3. 解決法の提案:②でわかった原因の分析に対して、どのようにすれば解決し、二度と同じことが起こらないようにできるか一緒に考える

①~③はシステマチックで、人によっては冷たい対応と思われるかもしれませんが、原因究明から解決方法までの道筋を予め決めておくことで、感情的に責めることを防げます。

無意味な感情論ではなく、客観的な意見と解決方法を導くことで、冷静なアドバイザーとして信頼されるようになります。

マイノリティゆき

理詰めのように思いますが、この①~③ってかなり時間が取られるので、意外と相手のことを考えた行動ですよね!

③決めたことを「やり続ける」する

論理的な人は仕事に優劣をつけて、目立つ仕事ばかりするかと思いますが実はそうではありません。

自分や会社にとってメリットがあると理解できれば、どんな地味な仕事も、こだわりを持ち継続してやり続ける力があります。

例えば、毎朝定時よりも早く出社し、会社の共用スペースを掃除しているAさんがいるとします。

Aさんは、前日帰る時間が遅くても、雨や台風の日でも毎朝掃除をします。

それを知っている人は、Aさんは誰もやりたがらない仕事を進んで毎朝やっているということで、仕事以外で信頼を勝ち取ることができます。

また、Aさん自身は「整理整頓されたきれいなスペースだと仕事がはかどる」、だから掃除をする、といった単純な論理に従って行動を起こし続けています。

論理力を持つ人は、論理的に「やる」と結論づければ、やることにムダな感情を挟み込まずやり続け、それを見続ける人から信頼をつかみ取ります。

マイノリティゆき

「継続は力なり」とはこのことです。自分で決めたことをただやるだけ、動機は簡単です!

終わりに

「冷静で信頼できる人がやってる仕事術」についてお話しました。どんなときも公平で、感情的にならずに物事を判断・対応できる人物になりたい方の参考になれば幸いです。

マイノリティゆき

会社の上司も取引先と考え、相手の立場を考えて行動するってことが重要ですね!

またこちらの内容は以下の本を参考にしています。
興味がありましたら手にとってみてはいかがでしょうか?

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。
RELATED POST