生活・健康

運動すれば痩せれるってまだ思ってます?

運動すれば痩せれるってまだ思ってます?

最近ダイエットを始めたのでジムに通いはじめました!

食べる量を変えなくても運動量を増やすと痩せれるよ!

このように「運動=ダイエット」という考えは多くの人の常識となっているかと思います。

そんな方へ、運動とダイエット効果についてお話します。

このお話のポイント

  • 運動にダイエット効果は望めない
  • 運動は健康のために行うもの
マイノリティゆき

いやいや、ダイエットでまず大切なのは運動でしょ。国や企業も言ってるから研究もしっかりあるはず!

運動がダイエット効くという研究結果はない?

「運動すれば痩せれる」と多くの人が持っている考えかと思います。しかし、多くの研究で私達の期待を裏切る結果が出ています。

イギリスに住む300人の児童を対象にした研究

子供たちが運動をしても、以降の思春期の体重に影響を与えなかった。

日本人6,600人を対象にした研究

60歳時点の体重は、30歳までによく運動をした人々と、そうでない人々を比較したところ差はなかった。

これ以外のほぼ全ての研究データにおいて運動がダイエット(減量)効果を支持する結果はありません。

マイノリティゆき

え、運動が痩せるって研究結果がないんですか…

運動で痩せれない理由

運動によりダイエット効果は期待できませんが、運動によって全く減量ができないという意味ではありません。

多くの人が運動による減量効果を期待しすぎるため、思っているようなダイエット効果が得ることができません。

これは体のエネルギー消費を考えると、その理由が見えてきます。

体のエネルギー100%の使いみち

  • 70%:体の細胞が生きるために使用
  • 10%:食品の消化活動に使用
  • 20%:身体活動の消費に使用

上記の通り、80%のエネルギーは日常生活を送る上で勝手に消費されるエネルギーです。

残りの20%の身体活動で消費されるエネルギーでも、立ったり座ったり、足をぶらぶらさせたりと日常の行為によって10%程度消費されます。

つまり、運動をすることで余分に消費できるエネルギーは多くても10%程度ということです。

より減量効果を求めるのであれば運動よりもエネルギーを得る食事量を減らすことが最も減量効果が高いと言えます。

マイノリティゆき

確かにこうして見ると日常の活動でもエネルギーは確かに消費されてますよね。

マイノリティゆき

じゃあ運動はしなくてもいいんですかね?

運動に期待できる効果

これまでの話から、運動によってダイエット効果はほぼ望めないことがわかりました。

ですが、減量効果が望めないだけで、運動は健康維持のために良い効果がでることが研究から明らかになっています。

運動によって得られる効果

  1. 糖尿病のリスクが下がる
  2. 心拍数が上がる運動を定期的に行うことで、心疾患や高血圧のリスク、血中脂質値が下がる
  3. 他の治療方法と同じくらい、うつ病に効果がある
  4. 認知症のリスクを下げる
  5. 統合失調症にも効果がある

このように運動による健康に期待できる効果は非常に多くあります。

つまり、運動は健康維持のために有用であり、減量効果は望めないものです。
ダイエットを目的にするのであれば、運動よりも食べる量を減らし、賢い食品を選ぶ必要があります。

終わりに

「運動すれば痩せれるってまだ思ってます?」についてお話しました。ダイエットのためにジムに通ったり運動を始めた人には残念な内容となっていますが、参考になれば幸いです。

マイノリティゆき

減量ってやっぱり食べる量なんですね…運動は健康のために続けていこうと思います。

またこちらの内容は以下の本を参考にしています。
興味がありましたら手にとってみてはいかがでしょうか?

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。