生活・健康

ダイエット飲料に減量効果がないのは知ってますよね?

ダイエット飲料に減量効果がないのは知ってますよね?

このお話のポイント


人工甘味料にダイエット効果はない

ノンシュガーなのに血糖値を上げる可能性があるかも

飲料業界は多額のお金を研究機関に提供している

ダイエットしてるからノンカロリー飲料飲んでる!

砂糖不使用だから身体に良いよね!

このように「砂糖は健康に駄目、ノンシュガー(人工甘味料)は身体に良い」という考えは多くの人の常識となっているかと思います。

ノンシュガー(人工甘味料)との付き合い方は考えた方がいいかもというお話です。

マイノリティゆき

え、広告でもノンシュガー(砂糖不使用)にはダイエット効果あるってよく見ますよね。

人工甘味料にダイエット効果はない?

アメリカでは、コーラやソーダといった糖類が多く使用されている炭酸飲料の1人あたりの消費は、160リットルにも及ぶとされています。

その多くの人が、糖類の摂りすぎによる肥満を気にし、「ダイエット飲料」や「0カロリー飲料」などの人工甘味料入りの飲料に切り替えています。

しかし、研究によると「人工甘味料入り炭酸飲料」と「従来の加糖炭酸飲料」を比較をしても明らかな減量効果がないことが示されています。

マイノリティゆき

ダイエットと記載しているのに効果がないんですね…

マイノリティゆき

でも減量効果がなくても、糖を摂らないことが健康には良さそう!

ノンシュガーが血糖値を上げる?

人工甘味料が血糖値を上昇させる可能性があることが研究によって示されています。

2017年に行われた脳の研究

15人のヒトに、甘い飲料と人工甘味料入り飲料(低カロリー)を摂取してもらった。

その結果、人工甘味料入り飲料(低カロリー)を摂取したときのほうが脳が強く反応した。

これは甘い味がするのに、見合ったカロリーがないことによって脳が混乱している可能性が示唆された。

脳の混乱によって、脂肪蓄積や活動を低下させて、足りないエネルギーを蓄えようとする可能性がある。

2014年に行われた腸内細菌の研究

7人のヒトに人工甘味料を与え、血糖値が一時的に上がった4人の腸内細菌を採取した。

これを無菌マウスに移植したところ、血糖値の上昇が確認できた。

この研究から、各々の腸内細菌の組み合わせにより人工甘味料が血糖値上昇を引き起こす可能性が示唆された。

研究から人工甘味料を摂取で、脳の混乱によって脂肪の蓄積を促したり、腸内細菌の影響で血糖値上昇を起こす可能性があると示されています。

しかし、いずれもヒトを対象とした研究が少ないことから、人工甘味料がヒトへ与える影響は、まだ未知のものとなっている。

マイノリティゆき

あくまでも可能性の話ですが、安全性がしっかり確認されていない事実は変わりませんよね。

マイノリティゆき

その割に、企業が大体的に「安全・ダイエット効果有り」と打ち出しているのが気になります。

飲料業界と研究助成金

人工甘味料の研究では、健康被害はないという研究が多くあります。

これを聞くと安全と思うかも知れませんが、以下の事実をお伝えします。

飲料業界と研究助成金

  1. コカ・コーラ社は大学の研究者に研究助成金を2010~2017年で1億4000万ドル(約150億円)提供している
  2. コカ・コーラ社とペプシコ社は、16の医療機関を含む、アメリカの95の医療機関には、さらに多くのお金を提供している

つまり、飲料に関する多くの研究が何かしらの形で、飲料メーカーから補助金を受けている可能性があるということです。

また、大学の食品・飲料研究で、飲料業界が出資した場合、出資者に好ましい結果が出る可能性が20倍もあります。

マイノリティゆき

これはお金の力が働いていると思われても仕方ないですね…

終わりに

「ダイエット飲料に減量効果がないのは知ってますよね?」についてお話しました。まだまだ解明されていない人工甘味料との付き合い方の参考になれば幸いです。

マイノリティゆき

減量ってやっぱり食べる量なんですね…運動は健康のために続けていこうと思います。

またこちらの内容は以下の本を参考にしています。
興味がありましたら手にとってみてはいかがでしょうか?

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。