生活・健康

あなたの子供はなぜバカなのか?

あなたの子供はなぜバカなのか?

このお話のポイント


良い大学を出た親の世帯年収は上がり、子供の教育水準があがり良い大学へ行ける

子供の学力の50%は親の遺伝が影響する

子供の性格の50%も親の遺伝が影響する

残りの50%は家庭環境と学校・友達に影響

マイノリティゆき

賢い親の子供は賢い学校に行くことが多い気がするけど、なんででしょうか?

世帯年収が高いと東大に行きやすい

大学生がいる家庭の世帯年収と、大学の関係について調査したものがいくつかあります。

学生支援機構の報告

2018年の学生生活調査によると、大学生が家庭いる平均世帯年収は830万円です。


東京大学が行った調査

2017年の学生生活実態調査によると、東大生の家庭の平均世帯年収は918万円であることがわかりました。


こちら、調査対象が1年違うので正確な比較にはなりませんが、大学生がいる家庭の平均世帯年収830万円と比較をして東大生がいる家庭の平均世帯年収は、約90万円ほど高くなっています。

また、世帯年収が950万円以上の62.7%が親が東大出身という調査もあります。

ここから、親が良い大学を出ていると世帯年収が上がり、子供へ教育への投資が惜しみなくできます。その結果、子供も良い大学へ進学します。

マイノリティゆき

かなり残酷な結果ですね…

マイノリティゆき

でも、勉強はお金じゃなくて努力でなんとかできると思いませんか?

学力は遺伝に関係

子供の学力は遺伝によって影響を受けることも研究からわかっています。

学業成績と遺伝の調査

  • 科目によりばらつきはあるが20~50%程度(またはそれ以上)、学業成績に遺伝が関与している(日本での調査)
  • 教科に関係なく、どの科目でも35~40%遺伝が関与している(アメリカの調査)

日本とアメリカの調査から学業成績では約40~50%が遺伝が関与していると考えられています。

また、オーストラリアの青年期(11-20歳)のIQに関する調査では、50%程度が遺伝に関係するということを報告しています。

つまり、学力は50%程度遺伝的な要因が関係、11歳以降は遺伝による影響が高まると言われています。

マイノリティゆき
マイノリティゆき

学力は遺伝…
もう、いい子に育って貰えればそれでいいです…

性格も遺伝に関係

学力以外に性格も遺伝が関与しているという調査があります。

ここでは詳細なものは割愛しますが、ほとんどすべてのパーソナリティ特性の調査(個人の性格や特徴を測るテスト)において30~50%遺伝が関与していることが説明できます。

つまり、コツコツ真面目に勉強できる性格の親から生まれた子は、同じように勉強に励む子に育ちやすいというものです。

マイノリティゆき

性格も遺伝…
学力も性格も遺伝が50%ということは、残りの50%にかけれるはず!

残りの50%は家庭内外の環境

これまでの話で学力や性格は約50%が遺伝子による影響を受けることを説明しましたが、残りの50%が環境によるものです。

環境は、「家庭内」と「家庭外(学校や友人)」の2つに分けることができます。

家庭内では、親の立ち振る舞いや日常生活の行動、家庭の文化から子供が影響を受けます。

家庭外(学校や友人)では、学校の環境や遊ぶ友人の影響を受けます。

特に10歳頃まで、この家庭内外の環境の影響が大きく受けると言われています。

つまり、家庭で喧嘩や問題が起こりやすく、学校や遊ぶ友人の素行が悪いと学力や性格に大きな影響を受けるというものが科学的にわかっています。

マイノリティゆき

遺伝はどうしようもないですが、子供のために家庭環境を整えることはできそうですね!

終わりに

「あなたの子供はなぜバカなのか?」についてお話しました。学力や性格が遺伝によって大きく影響を受ける現実があります。何かの参考になれば幸いです。

マイノリティゆき

低学力・所得のスパイラルにハマるとなかなか抜け出せなさそうですね…

またこちらの内容は以下の2冊の本を参考にしています。
興味がありましたら手にとってみてはいかがでしょうか?

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。