生活・健康

車からの「水はね」被害は損害賠償請求できるが…

車からの「水はね」被害は損害賠償請求できるが…

このお話のポイント

  • 「水はね」による被害は損害賠償請求できる
  • しかし、「水はね」での損害賠償請求は煩雑かつ少額のため費用対効果は低い

マイノリティゆき

雨の日に誰もが経験したことのある、水はねに関してですね!

水はねの被害

雨の日に歩いていると、車や自転車が側を通り過ぎたとき、水たまりの水が跳ねて衣服が汚れるといったことありませんか?

実は「水はね」は道路交通法違反です。

道路交通法

第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
一 ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること。

道路交通法 | e-Gov法令検索

そのため、水はねによる被害で損害賠償を請求することができます。

水はねによる損害賠償請求は困難

水はねによる被害で損害賠償を請求することは法律上可能ですが、実際以下の点から損害賠償請求が難しいのが現状です。

損害賠償請求が難しい理由

水をかけられた証明が難しい
客観的に被害を被ったことを証明する資料が必要(被害状況の動画や多数の目撃者、特定のためのナンバープレート確認など)

証明できても不問になる可能性がある
動画や目撃者から被害を証明できても、運転者が責任を負うのは故意または過失があった場合。「水たまりを避けれない状況」などで合った場合は過失が認められず不問となる可能性がある。

上記のように、水かけの被害請求をするのは現状かなり困難です。

しかし、水をかけられた現場で運転者に水はねの事実を認めさせることができれば損害賠償を請求できる可能性が高まります。

そのため、被害を受けた車の運転手と話をすることができた際は必ず会話を録音し、相手の身元と車のナンバーを記録するようにしましょう。

また損害賠償請求できる金額は衣服の代金やクリーニング代と少額です。

水はねに対処する方法

アクションカメラを身につける

水かけ被害と真っ向から戦う意思がある方は、雨の日は小型の防水型アクションカメラを身に着けましょう。

着用する際は、カメラを道路側に向けるようにしましょう。

道路側に立たない

こちらは現実的な対処方です。

雨の日は道路側に歩かないようにし、意識的に被害を最小限に抑えられるようにしましょう。

また、常日頃から水たまりができやすい場所を把握しておくことも大切です。

終わりに、実際にあったトラブル

私、マイノリティゆきですが6月4日に「水かけ」の被害に合いました…

その日は朝から強く雨が降り、道路や歩道に水たまりが多くできていました。

傘を指しながら歩道を歩いていると、一台の車が道路を通過しました。

そのとき、車との距離は5m以上はあったのですが、水はねにより道路側の私の半身がずぶ濡れに…

そして、どうにかできないかと「水かけ」について調べました。

調べた結論は、「水かけ」による被害は証明が難しく、証明できたとしても得られる損害賠償は少額のため費用対効果はかなり悪い。

というものです。
「水かけ」による被害を受けない、少なくする方法を第一に考えるのが良さそうです。

マイノリティゆき

朝から靴下と下着とずぶ濡れになるのは辛かったです…

『車からの「水はね」被害は損害賠償請求できるが…』についてお話しました。車による「水はね被害」に合われた方の参考になれば幸いです。

またこちらの内容は以下のサイトを参考にしています。

「なんて理不尽な…」車の水はね被害が泣き寝入りになりやすい理由

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。
RELATED POST