生活・健康

「朝食を抜くと太る」ってまだ思ってます?

「朝食を抜くと太る」ってまだ思ってます?

朝ごはんを食べないと集中できない

朝ごはんを食べないと太るってテレビで言ってたよ

食事回数が多いほうが健康に良いって聞くから朝ごはんは大事!

このように朝食は太らないために、健康のために良い!と思っている方も多いのではないでしょうか?

今回は朝食が良いとされている研究の裏側についてお話します。

マイノリティゆき

朝食が良いのか悪いのかそろそろちゃんと答えが欲しいですよね!

朝食を抜くと集中力が下がるはほんとか?

小学校や中学校では「朝ごはんを食べないと集中力が出ない」といったことが教えられていますが、これは本当でしょうか?

朝食の有用性を調査した研究がいくつかあります。

朝食を調査した研究結果

  • 朝食と注意力改善に関する研究21件中の13件は効果なしという結論
  • 学校で行われた朝食と注意力改善に関する研究でも8件中の7件は効果なしという結論
  • 学校で行われた朝食と記憶力に関する研究では5件中の4件で効果なしという結論

つまり大半の研究で朝食を摂ることで注意力や記憶力が上がるという効果はみられないという結論が出されています。

マイノリティゆき

ほとんどの研究が朝食に効果がないと判断しているのに驚きです!

「朝食を抜いて太る」の裏側

一般人を対象にした朝食に関する研究では、朝食を抜いている人に肥満の傾向が多くありました。

そのため「朝食を抜いたら太る」という結果が多くでており、この考えが一般化しています。

しかし、どの研究でも以下の特徴から朝食を抜いた人が元々太っていた可能性が高いことが示されています。

朝食を食べない人の特徴

朝食を食べている人よりも、

  • 平均収入が低い
  • 教育レベルが低い
  • 健康状態が悪い
  • 食事の質が低い

上記のポイントは肥満と相関関係があるものです。

そのため、朝食を抜いたから太るのではなく、太っている人が減量や罪悪感から朝食を抜きがちということが考えられます。

マイノリティゆき

「朝食を抜いているから太る」ではなく「太っているから朝食を抜きがち」と考えるのが正しいんですね!

朝食を食べないメリット

食事回数を増やすことで、一度の食事量を減らすことができ体への負担を抑えれるという話は聞いたことがないでしょうか?

これを裏付ける研究は、

1日17食摂った場合は1日3食を摂ったときよりも、血中インスリン値が27%減少、コルチゾール(ストレスに関するホルモン)の分泌が20%下がった。

というものです。
これを聞くとやっぱり朝食を摂った方がいいじゃないかと思うかもしれませんが、これが7人を対象にした研究と聞いても同じ感想を持ちますか?

また、朝食を抜いて空腹時間作ることが腸内細菌にとっては良い効果をもたらすことが研究でわかっています。

具体的には4~6時間、朝食を抜いて胃腸に食べ物がない状態を作ることで特定の最近が増殖をし、腸を含めた消化器官の健康維持に約立つとされています。

まとめると、食事回数を増やす研究はたった7人を対象に行なった研究である。
朝食を抜き空腹状態を作ることは、腸内細菌を整え消化器官の健康維持に約立ちます

マイノリティゆき

腸は「第二の脳」と呼ばれるくらい大事な場所なので腸内細菌を整えるのは健康では大事ですね!

終わりに

「「朝食を抜くと太る」ってまだ思ってます?」についてお話しました。朝食を今後摂った方が良いのかどうかの参考になれば幸いです。

マイノリティゆき

私も朝食はプロテインのみなのですが、今後の参考にした研究でしたね!

またこちらの内容は以下の本を参考にしています。
興味がありましたら手にとってみてはいかがでしょうか?

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。
RELATED POST