マイノリティのすすめ

3月17日開始のSoftbank新プラン”メリハリ無制限”を考える!(機種変更・プラン変更者向け)

ソフトバンク「メリハリ無制限」

おすすめ読者
・現在ソフトバンクユーザーで以下の条件の方
 -機種変更キャンペーンの特典ポイント(15,000pt)を持っている
 -家族以外で同居している人がいる

読む前に

3月17日よりSoftbankで“メリハリ無制限”プランが始まりました。
3月は各社20GBのLINMOやahamoなど始まりますが、
Softbankユーザーの私がソフトバンクの機種変更・プラン変更についてお話します。

なるべく安くで保つ方法を考えているので、ぜひ参考にしてください!

新プラン”メリハリ無制限”へプラン変更

“メリハリ無制限”プランは最大7,280円(税込み)で4G・5Gを無制限で使用できるプランとなっています。

このプランへ旧50GBプラン(ウルトラギガモンスター+など)を契約している方で以下の条件が当てはまればプラン変更で月々の料金が下がる可能性が高いです。

1. ウルトラギガモンスター+を現在契約している
ウルトラギガモンスター+(50GB+)のプランは現在8,228円/月(税込み)となっています。
今回の新プランに変更することで、各種割引を適用せずとも948円/月(税込み)も減額することができます。

2. テザリングを使用している
この新プランでは従来かかっていたテザリング使用のオプション(500円/月)が不要になります。
そのため、プラン変更で月々500円減額の可能性があります。

3. 通話オプションを使用していない
今回のプランから基本使用料(基本プランとデータ通信量)の値段が以前よりも下がりましが、
通話オプションが最低800円からとなり、従来のものよりも+300円ほど値上がりしています。
そのため、通話オプションをこれまでつけていて、新プランでも引き続き利用する方は利用料金に大きな変動はありませんが、通話オプションを使用していない方は基本使用料値下がりの恩恵を受けます。

4. 住所が違う親戚がいる、同居している人がいる
今回から“新みんな家族割”というものが始まりました。
従来の家族割は、血縁関係が証明できることが必須となっていましたが、今回から同じ住所で生活している他人でも家族の適用が可能になりました。
そのため、同居している恋人と家族を連携させたり、シェアハウスしている友人と家族割を組むことができます。また、遠くにいる親戚も従来どおり家族割が適応可能なため多くの人が家族割の恩恵を受けれます。
詳しくは以下をご確認ください。また適応にはネットではなく直接お店へ戸籍謄本を持っての来店が必要となるのでお気をつけください。

“新みんな家族割”の「家族」とは?(ソフトバンク公式サイト)

そのため、テザリングを使用していた方が新しく家族割(3人以上)を適応させて新プランに変更することで最大で2,708円も月々お得になります!なんとかして家族3人以上集めましょう!

割引内訳

  • 50GB+のプランの方:-948円/月(税込み)
  • テザリングを使用していた方:-550円/月(税込み)
  • 家族割を適用する(2人以上から):-660~1,210円/月(税込み)

ソフトバンクで機種変更をお考えの方

ソフトバンクで機種変更を考えている方でSMS(ショートメッセージ)でソフトバンクから「【お客さま限定】機種代金 割引特典プレゼント」が届いた方はソフトバンクでiPhone12シリーズへ乗り換える場合は、Apple Storeで購入するよりも3,780円お得に購入することができます!

しかし、以下の条件を満たすもしくは守る必要があるので気をつけてください。

1. 【お客さま限定】機種代金 割引特典プレゼントから15,000ptを受け取る
これは機種変更の代金から15,000pt(15,000円)値引きがされるキャンペーンです。
このポイントを受け取るには事前のエントリーが必須になるので、SMSで届いたURLをクリックして必ずポイントを受け取りましょう!(期間:2021年5月31日まで)

2. 必ずオンラインで契約をする
現在Webでの申込み(メリハリ無制限プランを選択)をした場合、Web割が適応されて5,280円本体代金から値引きとなります。また、店頭で手続きをすると事務手数料3,300円(税込み)がかかってしまいます。そのため、店頭で手続きをすると、8,580円も損をすることになるので気をつけましょう!

「機種変更キャンペーン適応」と「Web手続き」で20,280円を本体代金から割引することができます!
現在の端末の最大値引きが21,600円のため、店頭でのキャンペーンと同じ水準まで金額を割り引くことができます!
また、店頭で変えると事務手数料(3,300円)が必要となるので、最大の21,600円の値引きでも実質18,300円程度の値引きしにしかなりませんので、Webでの手続きが断然お得です!

この割引額を踏まえてiPhone12(64GB)をSoftbankとApple Storeで購入した場合を計算をすると以下となります。

iPhone12(64GB)を購入した場合


・Apple Store
 本体代:94,380円(税込み)

・ソフトバンク(キャンペーンとWeb手続き)
 本体代:110,880円(税込み)
 機種変更キャンペーン:-15,000円(-15,000pt)
 Web割:-5,280円
 最終の本体代金:90,600円

Apple Storeと比べるとSoftbankの端末代金は約1.5万円程度高く設定されています。
ですが、各種割引を適応させることで3,780円お得になる計算です!

ここでの注意点ですが、「機種変更キャンペーン適応」を受けれる端末は限られているので必ず事前に確認をしましょう。iPhoneであれば12シリーズとSE(第二世代)が適応されます。iPhoneではいずれも3,780円程度の割引額となるのでどの機種が一番お得とかはないので好きな端末を選びましょう!

終わりに

今回はSoftbankの新プランに関してお得な方法を解説しました。
明日は引き続きソフトバンクプランに関してで、以下の方を対象にしたテーマでお話します。

・ソフトバンクから他社に乗り換えを検討している方で以下の条件の方
 -月々の使用ギガ数が3GB未満
 -20GBじゃ少ないけど無制限は高いなという方

それではまた

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。
RELATED POST