マイノリティのすすめ

『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』本のまとめ

『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』本のまとめ

この本のポイント

・「アート思考」で答えをつくる力を手に入れる
・アートは視覚に頼り過ぎている
・アートの答えは1つではない

マイノリティゆき

アート思考を手に入れたい方だけでなく、お子さんの教育を考える上でも参考になる一冊です!

読む前に

この本は6つの授業(クラス)で構成されており、それぞれの授業をワークショップ形式で受けることができる一冊となっています。

本のお題に参加することで「アート思考」が身に付く一冊です。

筆者「末永 幸歩」について

美術教師/東京学芸大学個人研究員/アーティスト

東京都出身。武蔵野美術大学造形学部卒業、
東京学芸大学大学院教育学研究科(美術教育)修了。
東京学芸大学個人研究員として美術教育の研究に励む一方、
中学・高校の美術教師として教壇に立つ。

「絵を描く」「ものをつくる」「美術史の知識を得る」といった
知識・技術偏重型の美術教育に問題意識を持ち、
アートを通して「ものの見方を広げる」ことに力点を置いたユニークな授業を
都内公立中学校および東京学芸大学附属国際中等教育学校で展開してきた。
生徒たちからは「美術がこんなに楽しかったなんて! 」
「物事を考えるための基本がわかる授業」と大きな反響を得ている。

彫金家の曾祖父、七宝焼・彫金家の祖母、イラストレーターの父という
アーティスト家系に育ち、幼少期からアートに親しむ。
自らもアーティスト活動を行うとともに、内発的な興味・好奇心・疑問から
創造的な活動を育む子ども向けのアートワークショップ「ひろば100」も企画・開催。
また、出張授業・研修・講演など、大人に向けたアートの授業も行っている。
本書が初の著書となる。


本の概要

「こんな授業が受けたかった! 」
700人超の中高生たちを熱狂させ、
大人たちもいま最優先で受けたい「美術」の授業!!
論理もデータもあてにならない時代…
20世紀アートを代表する6作品で
「アーティストのように考える方法」がわかる!

いま、論理・戦略に基づくアプローチに限界を感じた人たちのあいだで、
「知覚」「感性」「直感」などが見直されつつある。

本書は、中高生向けの「美術」の授業をベースに、
– 「自分だけのものの見方」で世界を見つめ、
– 「自分なりの答え」を生み出し、
– それによって「新たな問い」を生み出す
という、いわゆる「アート思考」のプロセスをわかりやすく解説した一冊。

「自分だけの視点」で物事を見て、
「自分なりの答え」をつくりだす考え方を身につけよう!


目次

[PROLOGUE] 「あなただけのかえる」の見つけ方

[ORIENTATION]
アート思考ってなんだろう――「アートという植物」

[CLASS 1]
「すばらしい作品」ってどんなもの?――アート思考の幕開け

[CLASS 2]
「リアルさ」ってなんだ?――目に映る世界の”ウソ”

[CLASS 3]
アート作品の「見方」とは?――想像力をかき立てるもの

[CLASS 4]
アートの「常識」ってどんなもの?――「視覚」から「思考」へ

[CLASS 5]
私たちの目には「なに」が見えている?――「窓」から「床」へ

[CLASS 6] アートってなんだ?――アート思考の極致

[EPILOGUE] 「愛すること」がある人のアート思考

[“大人の読者”のための解説] 「知覚」と「表現」という魔法の力(佐宗邦威)

マイノリティゆき

次からは本のポイントを解説しています!

「アート思考」で答えをつくる力を手に入れる

アート思考を身につけることで自分なりの答えをつくる力が付きます。

現代社会は社会情勢やテクノロジーの進歩により日々変化しています。また、人生100年時代と言われるように、生涯でいくつもの変化が以前よりも体験しやすくもあります。

そのため、新しい答えを探すことは不可能かつ無意味でもあります。

これから必要な力は変化から自分の答えを作り出し発信できるアート思考です。

アートは視覚に頼り過ぎている

アート思考を養う上で、1つ目の問題が「アートは視覚に頼り過ぎている」ということです。

次の絵を見てください。

アヴィニョンの娘たち ピカソ
アヴィニョンの娘たち

こちらパブロ・ピカソの有名な絵画ですが、この絵を見て「なにか怖い」「下手じゃない?」「なんで評価されているかわからない」といったネガティブな評価が多いかと思います。

なんとなく持つこの印象がアートが視覚に頼り過ぎていることが原因の可能性があります。

これは無意識の中で「写真で撮ったらこうはならないよね」といった前提が染み付いている可能性があります。

そのため、目で見える情報だけでなく、作者の背景や、なぜこのような表現で作品を演出をしようと思ったのかを考えることが「アート思考」に繋がります。

・視覚からの「良い」は写真で撮ったイメージが影響しているかも
・作者がなぜそのような表現を用いたかを考えてみましょう

マイノリティゆき

カメラの登場によって写実的な表現以外の表現方法が模索されたそうです。

マイノリティゆき

画家は写真との違いを出すために、自分のフィルターを通した作品をだしていたんですね。

アートの答えは1つではない

こちらのカンディンスキーの作品を見てください。

コンポジション7』 ワシリー・カンディンスキー | ネット美術館「アートまとめん」
コンポジション7


この作品をみてどう思いましたか?

「クジラがいる」「なにか爆発しているように見える」「ピエロみたい」と様々な感想を持たれたかもしれません。

この作品は「具体物を描かない絵」として発表されました。

この意味を聞いたときに、多くの方が最初に持った印象を上書きして、「具体物を描かない絵」として作品を捉えたかと思います。

数学の問題であればそれは正解ですが、アートは答えは1つではないため、主観的感想も正解で、これこそが答えを作る力です。

・数学のように答えが1つのものばかりではない
・様々な意見や感性を知ることで答えを作る力が身につく

マイノリティゆき

現在の教育だと、客観性が重要視されるので、主観的な意見がダメだと感じますよね。

マイノリティゆき

アートへの理解や関心が、学校教育以外の教育を担ってくれる大切なものかもしれません。

終わりに

『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考 』から、これまでのアートに対する考え方と問題点、答えを作る「アート思考」についてお話しました。

「アート思考」を手に入れたい方、またお子さんに教育したい方は、この本を手にとってみてはいかがでしょうか?

マイノリティゆき

ワークショップ形式なので、しっかり身につく1冊でおすすめです!

それではまた

アクティブなインドア
マイノリティゆき
日常の悩みや疑問を本から得たマイノリティな知識・情報で解決するブログです!本を月2冊以上読めば、誰もがマイノリティ思考を手に入れることができます。このブログを通じて本を読んでもらえる方が増えることが目標です。
RELATED POST